SONY VAIO TYPE Z
その7 Bluetoothマウス編
Microsoft国内未販売マウスを試す

さて、せっかくBluetooth内蔵なんだからマウスはBluetoothで
って事で、色々探し回りました。

そしてデザインが非常に気に入った物を見つけました
これがそうなんだけど
mous1.jpg(7674 byte)
もう見た目です。
Microsoft Bluetooth Notebook Mouse 5000って製品です。
国内未発表の製品です。(現在は販売されてます)
なので、国内で普通には売っておりません。
そこで、オークションサイトを見てみると2種類見つかりました。

一つは、写真と同じ物で、もうひとつはバルク品でした。
バルク品は分かりやすく色が黒です。こんなの
blackm.jpg(142531 byte)
値段もバルクが3000円台。白は5000円ですので結構差が出てます。

正直、バルク品はちょっと・・とも思ったのですが、色が黒でTypeZには合っているかなぁ〜
とも思い、値段も安いし、バルク品にすることに決めましたw

私のオークションの基本は、即決価格が決まっているものです。
即決が決まっていないものを他人と競り合って落とす気にはなりません^^;
オークションの意味はないのですが・・・

で、今回も結局即決価格の出ていた商品を落としました。

数日後・・・
物が届きました^^
TypeZの横に添えるとこんな感じ
blackm2.jpg(49109 byte)
見た目非常によろしいのですが、少しグリグリ部分の取り付けが甘い感じです。
一つ一つ確実に回す感じなのはGoodです。
持ち心地は良いですよw。実際私は手が大きいのですが
指で軽く持つ感じが良いですw


さて、いよいよセットアップです。
スクロール&右クリック&左クリックだけなら一切問題無いです。
スイッチ入れれば、ペアリングメッセージ出て進めば終わりw
ドライバーセットなど必要ないです。

ただ、MSのユーティリティが入りません。
MSのサイトにもMicrosoft Bluetooth Notebook Mouse 5000のドライバーは存在しません。
どうも規格外の製品か?とも思ったのですがそうではなさそうです。
要は、BluetoothレシーバーがMS製品で無ければユーティリティが入らない(使えない)模様・・・

もうこれは、第4ボタンは諦めるか・・・・と思いましたが
メインPCでのMS5ボタンマウスの使い方を実行してみることにしました^^

それが、エレコムのマウスユーティリティを使う事です。
MSのユーティリティもそうなのですが、特定のアプリに対しマウスボタンを割り当てる機能
この機能が私には必要で、なおかつあるアプリ(ROw)がMSユーティリティで認識できない
この事情で、私はエレコムのユーティリティを使っているわけです。
ただこのドライバーは相当古いドライバーで^^;
当然64bitでは無いのですが、普通に動いてますw

使い方としては、Bluetoothマウスを認識させる。
その後ユーティリティ実行
以上です。
設定すれば問題なく第4ボタンも使えるようになります。

さてbluetoothマウスの使い心地ですが、無線機能は非常に良いですw
ある日、喫茶店でノートを開いていた時の事。
鞄を椅子に掛けていたときの事です。
マウスは鞄の中にあったのですが、椅子が動く度にカーソルが動く・・・・
マウスの電源が入っていたようで^^;;;;
ってな具合の電波の飛びの良さでしたw


追記・・・・

現在Microsoft Bluetooth Notebook Mouse 5000は国内販売されています。
そして、日本MSサイトにも載っています。
そこに衝撃的な文章が・・・・
※ 本製品は IntelliPoint ソフトウェアには対応していません
をい!!!
と突っ込みたくなるような状況です・・・
MSさん。はやく他メーカーのBluetoothとの提携してください^^;;;;

追記2。
このマウスがソフマップに売っていて(白)触ったのですが
ホイールの感触が全然違いました。
非常に良い感じでした
これがバルクのせいなのか、ハズレを引いたのか、は分かりませんが
買いなおす(予備で)かもしれません^^;;