SONY VAIO TYPE Z
その5 リカバリー編
結局リカバリー^^;

リカバリーの前にリカバリーディスクを確認。
新品パソコン&メーカーパソコンですので、リカバリーディスクを到着後すぐ作ったわけですが。
TypeZはDVD2枚必要です。
本音は、VISTAのディスク&アプリディスク&ドライバーディスク。
的な物が欲しいのですが、まぁ贅沢は言ってられません。

ちなみに、私は2回失敗しました。ディスクが古い+Rだったのかもしれません。
太陽誘電のDVDに変えたらあっけなく成功しました。
1セットしか作らなかったのは、無くなったらどうにかするべ!!と思ったからです^^;

TypeZのリカバリーを行ったのには理由が当然あります。
一番の理由は、自分の好みのディスクパーテーションを切りたい
これにつきます。
実際、好みの切り方していれば、リカバリーする必要なかったです。

で、リカバリーする前のCドライブのデータサイズは35Gありました。
正直肥大化してます。
メタボなVISTA64.
結局、余裕あるほうがいいかなぁと、倍の70GをCドライブに当てて残りはDにしました。
結果、250GのHDDがC70G・D160Gとなりました。
230Gの認識です。
管理領域?ってのかな?それが1.6Gほどあります。
リカバリー領域は消しました。

まぁあまりDドライブ活用しない人はリカバリーする事無くVISTA上でパーテーション
切ればいいかと思います。
Cドライブ130Gまで小さくできます。
私はそれでは多すぎるのでリカバリーしましたが^^


リカバリーは実際20分で終わり・・・・・ません^^;
終わるように見せかけて、そこから長いですw
1時間半くらいかかります。

いきなり出荷状態に戻ったTypeZ。

次回は、軽量化スピードアップです。
まぁあっけないくらいに速くなりましたねw
注・たいしたことはしてないんですよ^^;
なにせ初めてのOSですのでw


続く。