メインPCヘンテコ
その2

静音化編 第1章

冬は静かだった・・・・

さて、VGAも無事変わり、調子が良くなった我がメインPCヘンテコ。

しか〜し!!時は冬。このPC組んだの夏。
そう!!クーラー(エアコン)が止まるのである。
我が部屋のクーラーは、冷房機能のみの単純な奴。すでに15年使っている。
そのため、かなりの騒音を発生させている。
結果、クーラー止めるまではあまり気にならなかったファン音が異様に気になりだしたのだ。

そこで、一気に静音化に走ろう!!と旧メインマシン(ペンペン)同様に各ファン系を見直すことにした。

交換候補は、3点。CPUファン・VGAファン・ケースファン。

あまり静音化にお金かけたくないので、無茶な値段の物は避ける方向で調べを進めた。

CPUはクーラーマスターのX Dream P775
カタログスペックではかなりの静音効果が出そうである。2000円なり。

ケースファンは同じくクーラーマスターの12cmファン。1000円なり。

問題はVGAファンである。
基本的に、3Dゲームバリバリユーザーはファン音気にしないのか、これといったのが見当たらない。
ただ、気になるファンがあった。ファンでは無くヒートシンクなんだが。
それが、ZAWARDのZAV-Accelero S2 である。
こんなの

画像ではわからないと思うが、これ無茶苦茶でかい!
140 x 188 x 32mm (L×W×H)もある。実物みたら笑えるサイズです。
これなら、ファンレス=無音である。
値段も、2300円とお手ごろ価格。試す意味でこれに決定!!

それぞれを、通販で買い、到着を待ちました。

んでまぁ3日後くらいに来たんですが、やっぱでっかいぞ!!ヒートシンク!!
まずは、現在付いているファンをサクっと外した。煩いファンなんて未練はないぜーーw
ネジ4つ外して終わり。
んで、ヒートシンクの取り付けなわけだが、このZAV-Accelero S2 にはメモリヒートシンク(小さい)が8個ついていまして〜。
まずこれらを私のVGA SAPPHIRE RADEON HD 3650 512MB GDDR3 PCIE の場合は、表と裏に4つずつメモリがむき出しなので
計8箇所取り付ける。
んで、付属のスペーサーをシールはがした上から2番目に4つ貼り付けて、裏からネジしめて取り付ける。
その後、VGAにブリッジを付けて、ヒートシンクに固定する。
これで、コンデンサ等にも干渉しない感じです。
んで、M/Bに取り付け。ケースにも干渉せず大変GOOD!!。
ただし、PCIバスは全て死んだと言える。一番下がかろうじて使えるかなぁって感じ。
MicroATXには向かないかもねぇ〜(PCIバス使っていない現在は問題なしw)
結果は・・・・その3で報告。

ケースファンは、変えたけど現在のファンと差が無い。さすがAntec!!優秀である。

問題はCPUファンである。
ここで、私の愚かさが発覚!ピンが・・・M/Bと合わねぇ・・・・・
ファンは3ピンM/Bは4ピン・・・・・刺せるんだが・・・・ファンコン効かねぇ・・・
でも大丈夫!こいつは最高で17dBの静音ファンだから!!!
と言い聞かしつけてみる。
ゴォーーーーーーーー!!!!!!!!ってをい!!爆音やないか!!!!!
ショックでした・・・リテールクーラーのが遥かに静かでした。
仕方ないので、リテールに戻そうとするも、リテールの足折ってしまい・・・・・・・


以上が静音化第一弾でした。

当然、CPUクーラーをこのままに出来ないので、第2弾に行きます。

第2章へ