PC名 へんてこ
OS Microsoft Windows XP Professional
サービスパック Service Pack 2
CPUタイプ Pentium Dual-Core E2180  2G
マザーボード名 GIGABYTE GA-G31M-S2L
マザーボードチップセット Intel G31
システムメモリ UMAX Pulsar DCDDR2-4GB-800 (DDR2 PC2-6400 2GB 2枚組)
グラフィック G31 オンボード
オーディオ Realtek ALC662 オンボード
ディスクドライブ HDP725050GLA360 (500G SATA300 7200)
CD/DVDドライブ 多分SONY? STATのDVDドライブ。ショップ最安値・・・うるさいんだよねぇ〜
モニター LG L226W 22インチワイド液晶モニター 切り替え機内臓
キーボード ELECOM ミニキーボード 何故か打ちやすい まぁ入力デバイスは人それぞれだね
マウス MS 5ボタンマウス インテリマウスの5ボタン初期型?
ネットワークアダプタ Realtek RTL8168C Gigabit オンボード
PCケース
ANTEC 3480 もう一目ぼれ。



NEW HENTECOであります。

長年メインPCを勤めてきたPENPENがついに降格でございます。

きっかけは、このケース。
すんごく、気に入ってしまいまして、このケースを含めた構成で、PCを組んでみようと模索した結果こうなりました。
PCを組むときには、まずCPU。
頭脳をどうるるかを、考える。
今回は、Pentium Dual-Coreでいこうと決めていました。
何せ安い。2Gで7千円台。
性能も良さそうです。
んで次はメモリ。
DDR2 PC6400 800 デュアルチャンネル 4Gでいこうと決めました。
次に、これらの物が積めるMB。
正直どこでもいいと思っております。私のMB履歴は、AUSU→AOPENでした。
今回は、使ってないメーカーで行こうと思い、GIGBYTEで行こうと決めました。
悩んだのは、Chipsetでした。945でいくかG31でいくかをかなり悩みました。
結果G31にしたのですが、どうも失敗だったようです。
オンボードVGAで行こうと思い、新しいChipsetを選んだのですが、これがよろしくない。
まず3Dがしょぼい・・・ここまでは我慢できたのですが、フリーズはいただけない!
映像フルスクリーン時、稀にフリーズします。
外れを引いたのか、はたまたメモリーが原因かもしれませんが、VGAと睨んでいます。フルスクr−ン以外でフリーズが起こらないので^^;

HDDは、STATで500G。その時のHITACHIでOK。
DVDもSATAで行こうと決めました。

さて、結果からいうと、ここでも大きなミスをしていました。

SATA構成でPCを組み、SATAで動かすには、ICH9でなければならないようで・・・・このMBはICH7・・・失敗です^^;
まぁ互換でも全く問題ないのでよいかなぁと^^;

CPU 7.5千 MEM 8千 HDD 7.5千 MB 7.5千 DVD 4千 ケース 15千
となりました。
ケースだけが抜きん出て高いですが、49500円で組めました。

正直、5万以内で、デザイン性能共に満足のいく物が出来たのは喜ばしいことです。
ケースの使用感ですが、組むときコードの取り回しに少し手間取りますが、それ以外は感動物です。
その取り回しも、空気の流れを意識したものですので納得は出来ます。
これまで、安価なケースばかり使っていましたので、この内容には大変満足しました。




2011年8月仕様変更。

初のSSD導入。
サムスン製MZ-5PA064HMCD-0A
DVDスリムドライブ。

OSをWindows7Professional64bitに。

簡単に現在の構成を書き留めておく。

CPU  Pentium Dual-Core2G キャッシュ1M。
メモリ DDR2 PC6400 800 デュアルチャンネル4G
SSD  サムスン製MZ-5PA064HMCD-0A 64G。
HDD  HITACHIの500G&サムスンの2T。
M/B  GIGABYTE GA-G31M-S2L
DVD  スリムドライブpioneer製DVDマルチ。
VGA  SAPPHIREのRadeon HD 3650 512MB GDDR3 PCIE

これをToshiba REGZA Z9500にHDMIで接続し使用。

SSDに変更でどう変わったか。
動きがかなりキビキビしてます(セット後1日目だからかもねw)
一月後も同じ感想ならいいなぁ〜w